【マレーシア移住】隔離期間中に必要なもの(持ち物)

belongings_thumb

私は東京の会社で働いていましたが、あることをきっかけに会社を辞めマレーシアへの移住を決意しました。ですがなんとその直後にコロナウイルスの流行。マレーシア政府が外国人の受け入れを停止してしまいました。

なんとか8か月の日本での待機期間を経て、ようやくマレーシアへ渡航できましたが、到着後14日間の隔離期間を受ける必要がありました。

今回は私が隔離を受けるにおいて、実際にマレーシアへ持ってきた物や、必要だと感じた物いらなかったものをご紹介しようと思います。

渡航の際の持ち物

実際の持ち物

まず実際に持ってきた物です。

  • 重要書類
    パスポート、マイナンバーカード、クレジットカード、キャッシュカード、渡航書類
  • 衣類系
    半袖、半ズボン、長ズボン、シャツ、下着、薄手ジャンパー、ダウンジャケット、ハンガーセット、洗濯バサミ、紐
  • キッチン用品
    電気ケトル、折り畳みコップ、お菓子、インスタントコーヒー、インスタント食品、ふりかけ
  • 日用品
    ポケットティッシュ、ウェットティッシュ、目薬、コンタクトレンズ、消毒液、電動髭剃り、歯ブラシ、ワックス、シャンプー、リンス、ボディーソープ、メガネ、PCメガネ
  • 電子機器
    ノートパソコン、カメラ、マウス、変換機、各充電器、スマホ、延長コード、モバイルバッテリー
  • 文房具
    ボールペン、鉛筆、はさみ、のり、ホッチキス、消しゴム、電池、充電器、検電器
  • 工具
    ペンチ、ドライバー、レンチ、六角レンチ
  • 旅行用具
    ネックピロー、リュック、トートバッグ(折り畳み式)、財布

持ってきて良かったもの

実際に隔離期間を経て、持ってきて良かったと感じた物はこちらです。

ハンガーセット、紐、インスタントコーヒー。

——–

ハンガーセット
洗濯物を干すために使いました。ホテルに備え付けのものがありますが全然足りません(笑)。小さな折りたためるハンガーがオススメです。


ハンガーを掛けるために使いました。一応掛けるところありましたがクローゼットの中だったので湿気が気になりました。持ってきて正解でした。

インスタントコーヒー
基本的に水しか飲み物がないのであると気分転換になります。

必要だったもの

必要だと感じた物はこちらです。

洗剤、お箸。

——–

洗剤
必需品です。私は忘れてしまったので、隔離期間中仕方なくボディーソープで服を洗っていました(笑)。渡航時の容量制限には注意してください。

お箸
持ってくるのをすっかり忘れていました。隔離期間中、食事と一緒に配給されるフォークとスプーンしかありません。食事に骨ありの堅い鶏肉が多かったので、フォークの先が折れることが多々ありました。

いらなかったもの

いらないと感じた物はこちらです。

延長コード、電気ケトル。

——–

延長コード
現地に到着してから125Vという表記がコードに書いてあるのに気づきました。マレーシアは220Vなのでおそらく使えないかと思います(怖くて試していません。そもそもプラグの形が違います)。

電気ケトル
ホテルに完備されております。また多くのコンドミニアムに完備されています。他人が使ったものが気になる方は、持って行った方がいいかもしれません。

まとめ

最後にまとめです(上記内容を反映しました)。参考になれば幸いです。

  • 重要書類
    パスポート、マイナンバーカード、クレジットカード、キャッシュカード、渡航書類
  • 衣類系
    半袖、半ズボン、長ズボン、シャツ、下着、薄手ジャンパー、ダウンジャケット、ハンガーセット(おすすめ)、洗濯バサミ、紐(おすすめ)
  • キッチン用品
    電気ケトル、折り畳みコップ、お菓子、インスタントコーヒー(おすすめ)、インスタント食品、ふりかけ、お箸(New)
  • 日用品
    ポケットティッシュ、ウェットティッシュ、目薬、コンタクトレンズ、消毒液、電動髭剃り、歯ブラシ、ワックス、シャンプー、リンス、ボディーソープ、洗剤(New)、メガネ、PCメガネ
  • 電子機器
    ノートパソコン、カメラ、マウス、変換機、各充電器、スマホ、延長コード、モバイルバッテリー
  • 文房具
    ボールペン、鉛筆、はさみ、のり、ホッチキス、消しゴム、電池、充電器、検電器
  • 工具
    ペンチ、ドライバー、レンチ、六角レンチ
  • 旅行用具
    ネックピロー、リュック、トートバッグ(折り畳み式)、財布