自分でIPアドレスを設定する方法【Windows10】

ip-eyecatch

この記事では、コントロールパネルの開き方から、IPアドレスの手動設定方法まで、図を交えてご紹介します。

IISやApacheをいじくるときや、ネットワークの検証などを行うときに使うことが多いかと思います。会社で固定IPアドレスを割り振られることもあるかも。

参考にしていただければ幸いです。

IPアドレス手動設定手順

1.コントロールパネルを表示します。

スタートをクリック→「con」と入力、が一番早いかと思います。

start

この他にも、スタートの「Windowsシステムツール」から開く方法や、「Windows」+「r」で「cotrol」と入力して開く方法があります。

2.「ネットワークの状態とタスクの表示」を選択します。

controlpanel

3.「Wi-Fi 」または、「イーサーネット」を選択します。

現在のネット接続が無線か有線かで表示が異なります。

net-center

4.「プロパティ(P)」を選択します。

net-status

5.「インターネットプロトコルバージョン4(TCP/IPv4)」を選択し、「プロパティ(R)」を選択します。

property

6.「次のIPアドレスを使う(S)」を選択し、IPアドレスを入力します。

ip-set

図では、IPアドレスを「192.168.12.2」、デフォルトゲートウェイを「192.168.12.1」、DNSサーバを「192.168.12.1」としています。

まとめ

今回は、IPアドレスの手動設定手順を記載しました。参考にしていただけたら幸いです。上記手順をまとめたものを以下に記載します。

  1. コントロールパネルを表示する。
  2. 「ネットワークの状態とタスクの表示」を選択する。
  3. 「Wi-Fi 」または、「イーサーネット」を選択する。
  4. 「プロパティ(P)」を選択する。
  5. 「インターネットプロトコルバージョン4(TCP/IPv4)」を選択し、「プロパティ(R)」を選択する。
  6. 「次のIPアドレスを使う(S)」を選択し、IPアドレスを入力する。