WindowsでLinux環境を無料で整える!Ubuntuのセットアップ方法は?

eye-catch

ApacheやDNSなどを検証したい場合Linux環境を使いたくなることはありませんか?Linux環境をもとから使用していればよいのですが、そんな方はほとんどいないのではないでしょうか。

「無料でLinux環境を整えたい!」そんな方に、今回Windowsでの無料Linux(Ubuntu)環境の整え方を紹介したいと思います。

使用するもの

  • Surface Go (Windows10)
  • VMware Workstation 15 Player
  • ubuntu-ja-18.04.3

Linux環境セットアップ手順

VMware Workstation のダウンロード

まずは、以下のサイトからVMware Workstation をダウンロードします。

上記サイトにおいて「Workstation 15.5 Player for Windows の試用」をクリックしてください。

vmware-download

Ubuntu のダウンロード

次にUbuntuを以下のサイトからダウンロードします。特にこだわりなければ一番新しいISOイメージでいいかと思います。

2GBぐらいあるので結構時間かかります・・・。

VMware のインストール

先ほどダウンロードしたVMwareをクリックすると以下の画面がでるので、「次へ」を押します。

vmwareinstall001

契約書に同意し、「次へ」を押します。

vmwareinstall002

特に何もせず「次へ」を押します。

vmwareinstall003

必要に応じてチェックを外し、「次へ」を押します。

vmwareinstall004

次へ」を押します。

vmwareinstall005

インストール」を押すと、インストールが開始されます。

vmwareinstall006

完了」を押します。
これでVMwareのインストールは完了です。

vmwareinstall007

その後、VMwareを起動すると以下が表示されるので、非営利目的であることを確認し、「実行」を押します。

vmwareinstall008

完了」を押します。

vmwareinstall009

PROへのアップグレード情報が出たらスキップしてください。

vmwareinstall010

正しくVMwareが起動されました。

vmwareinstall011

Ubuntuのインストール

続いてVMwareにUbuntuをインストールします。
新規仮想マシンの作成」を押します。

ubuntuinstall001

「参照」を押し、ダウンロードしたubuntuのisoファイルを選択後、「次へ」を押します。

ubuntuinstall002

情報を入力し、「次へ」を押します。

ubuntuinstall003

仮想マシンに好きな名前を付けて、「次へ」を押します。

ubuntuinstall004

仮想マシンのディスクサイズを決めて、「次へ」を押します。

ubuntuinstall005

情報を再確認し、「完了」を押します。

ubuntuinstall006

すると、インストールが開始されますが、途中でソフトウェアの更新画面がでるので、「ダウンロードしてインストール」を押します。

ubuntuinstall007

インストール中です・・・

ubuntuinstall008

完了しました!

ubuntuinstall009

パスワードを入力してログインすると、さらにアップデートの通知が・・・!
初期のUbuntuは必要なものが何も入っていない空っぽの状態なので、ここは「今すぐインストール」を押します。

ubuntuinstall010

以上でUbuntuのインストール完了です。お疲れさまでした!

ちなみにコンソール端末の開き方ですが、デスクトップ上で、

右クリック → 端末を開く

で表示できます。

ubuntuinstall011

まとめ

ここまでお疲れさまでした。インストールにめちゃくちゃ長い時間を費やしたと思いますが(私だけ?)、これでApacheやDNS、その他もろもろの検証をWindowsで簡単に行うことができるようになりました。

ちなみに余談ですが、このUbuntuでローカルネットワーク上に公開したウェブサイトをスマホで見れるようにするには、VMwareのネットワーク接続の方法を変える必要があります。それは別の記事で紹介しますのでご覧いただけると幸いです。

ここまで見てくださった方ありがとうございます!